カタカナ英語で知る世界

SDGs(エス・ディー・ジー ズ) さすがにそれくらいは知ってます、なんかこう・・・なんか、えっと、サステナブルとか、なんか、そんなのよね? それくらいわかってればもう充分、私の生活には関係ないわ、と思っていませんか? そうですね。 生活に、たしかに密着している感じはあまりないかもしれません。...
「リカレント教育」という言葉を最近になってまたよく聞くなぁ、という気がしていました。 ざっくり言うと「仕事に活かすための生涯教育」のことなんですが、でもでも、英語で言うと「リカレント」recurrent の部分は、「生涯」とか「人生」という意味では全くないのです。 recurrentとは、「再生する」や「再発する」「繰り返し起きる」という」意味です。 リ・re...
先日、イギリスBBCニュースをみててびっくりしました。 "Covid-19: Stop anti-vaccination fake news online with new law says Labour" (laborの中にuが余計に入っているのは英国スペルです) 英国の最大野党労働党が「オンライン上の、ワクチン反対運動の危険なコンテンツを排除するために緊急立法すべきである」と言ったというニュースです。...
大統領選の開票が進んでますが、なかなかすぐには結果が出そうにないですね。 結果いかんによっては、大きな暴動も予想され、アメリカ国内ではこれまでにない勢いで銃が売れているそうです。 とても残念なことですが、アメリカから銃がなくなる日は・・どうにも来なさそうだなぁ、という気がしてしまいますね。...
アメリカ大統領選まで、とうとうあと一週間を切りました。 民主党のバイデン氏優勢が伝えられつつも、いやいやまだトランプさんの可能性もある、なんせ4年前の大統領選でも、同じように民主党優勢が伝えられながらも、結果誰も予測していなかったトランプ大統領が誕生したのだから、という声もあります。...
こんにちは 朝晩はすっかり秋ですね。日中がまだまだ温かい(時には暑いくらい)なのでうっかりすると風邪をひきそうです。 皆さんもお気を付けください。 さてさて "カタカナ英語から世界を覗く"の2回目です。...
ちょっと前から「サステナブルがビジネストレンドになる」とか、「サステナブルは儲かる」とか、もっと言えば「サステナブルじゃないビジネスはもう終わり」とか聞いていて・・ 確かに時代ではあるけど、さすがに言いすぎやろ、サステナブルはコストがかかりすぎるし・・・と思ってました。 んが!!...
日本では今日新しい総理大臣が誕生しましたね。 長年「政治離れ」が問題視されていましたが、わたしも含めこのコロナ禍で、政治が自分たちの生活に直接大きな影響を持っていることを実感し、行方を見守っていた人も多かったのではないでしょうか。 とても実務的な組閣が発表されました、そのイメージ通りにしっかり成果を出していただきたいものです。...
「ダイバーシティ」という言葉をご存じですか? なんかにぎやかで楽しい街かしら?って気がするかもしれませんが、スペルは"diversity"なんです、そう、city(街)とは関係ないのです。 diversityは日本語にすると「多様性」です。 最近、多様性の重要性がさけばれるようになった気がしますよね。 でも、多様性ってなんで大事なんだろう?という気がしませんか?...
Go to travelというと英語的にはちょっと変なんです、というブログを以前書きました。 日本ではまだその Go toトラベルの是非が議論され、同じシリーズの「外食に行きましょう」のGo to eatのキャンペーンは始まっていません。 が、イギリスではすでにイギリス版Go to eatキャンペーンが始まりましたよ。 その名も "Eat Out to Help Out"です...

さらに表示する