· 

Merry Christmas and a happy New Year.

こんにちは

クリスマスですね。

例年より暖かいのでホワイトクリスマスにはなりそうにないですが、街が華やかに彩られ、多くの人が大切な人を想って何かを用意したり、会う時間を作ったり、年末のあわただしさの中にもちょっとウキウキと笑顔が多くなる気がします。

 

クリスマスはもちろんキリスト教の祝日ですが、日本人は宗教にかかわらず楽しい風習を取り入れるのがとても上手ですね。

かくいう私も、昨夜はチキンとケーキを食べ、グーグルでサンタさんが今どこにいるかを楽しくみたりしていましたよ(笑)

毎年恒例のGoogle サンタトラッカーは、毎年12月24日の夜になると世界地図上にサンタクロースが乗ったソリの位置や世界各地の写真が表示され、次の目的地や移動距離などを確認できるサービスです。

 

すっかり大人になった私はサンタさんからプレゼントはもらえませんが、サンタさん、サンタさん、あわよくば私のお腹あたりに余りすぎてる贅肉を、こっそり・ごっそり持っていってはいただけないでしょうか?と心の中で願ったりしてみましたが、どうやら叶えてはもらえなかった模様です(笑)

 

Google 版の「サンタを追いかけよう」は今やとても有名ですが、アメリカではもう一つ老舗のサンタトラッキングがあります。NORADです。

NORADとはNorth American Aerospace Defense Command 北アメリカ航空宇宙防衛司令部の略で、元々はアメリカ合衆国・カナダが共同の連合防衛組織で、北アメリカの航空や宇宙に関して、観測または危険の早期発見を目的として設置されているもので、24時間体制で人工衛星の状況の観測、地球上の核ミサイル・弾道ミサイルの発射警戒や、戦略爆撃機の動向監視などを行っているという、実はちょっといかついお堅い感じの組織なのですが、毎年12月24日にはサンタを追跡し、その動画をインターネットで公開しています(笑) 

NORADのレーダーは、赤外線でトナカイの赤い花を手掛かりにサンタの正確な位置を把握するのだそうですよ(笑)

この活動はもう50年以上も続いていて、このニュース映像でも、「総力をあげてサンタを追跡しています」といかつい顔で語ってますし、今や多くの企業も協賛したりボランティアが参加したりして、子どもたちから寄せられる「今サンタはどこですか?」の問い合わせに「サンタは順調に飛行中ですから、やはくベッドに入って寝たほうがいいですよ」とアドバイスをしたりしているようです。

 

NORADのこの活動は、全米でCNNやその他大手ニュースで毎年報道され、クリスマスに欠かせない風物詩になっています。

 

さてさて、クリスマスクリスマスと言っておりますが、

年末と言えば"Merry Christmas and a happy New Year."が定番のあいさつのように思われがちですが、ここ最近はキリスト教以外を信仰する方々の気持ちにも配慮して、クリスマスという言葉を使わずに"Happy holidays!"という挨拶が増えてきたように思います。この時期キリスト教以外の宗教にもハヌカなど祝日もありますし、日本における「良いお年を」みたいな感じで"Happy holidays!"というようです。大切なのはホリデーが複数形になっているところです。12月25日あたりから年始まで休暇を取る人も多いので、「良い休暇をすごしてね」という意味です。

 

単数複数についてついでに言うと、Happy New Year!も掛け声として一言Happy New Year!という時は、冠詞の a は不要ですが、これが文章の中に入って、"Merry Christmas and a happy New Year."とか "I wish you a Happy New Year"となると冠詞の a が必要です。ですから、年賀状に "Happy New Year"と一言書くときは前に Aは必要ありません。

私もなんですが、もしまだ年賀状が出来上がっていなくてこれから焦って書く方、参考にしてみてくださいね。 

 

ということで、アイキャリアビジョンのブログ更新も年内はこれが最後になると思います。

皆様も、良いお年をお迎えください。

Happy holidays! 

 

posted bay 英語担当講師 加純